交通事故の発生原因、交通事故をなくすための方法論

名古屋の道路における交通事故多数発生地区

名古屋で交通事故が多数発生する場所として、名古屋高速(http://www.nagoya-expressway.or.jp/safety/01.html)によれば、

  • 高速都心環状線 山王JCT北渡り
  • 高速2号東山線 高針JCT北渡り
  • 高速都心環状線 鶴舞南JCT北渡り
  • 高速都心環状線 明道町JCT南渡り
  • 高速6号清須線 明道町JCT北渡り
  • 高速11号小牧線 大山川料金所
  • 高速3号大高線 星崎料金所
  • 高速2号東山線 高針料金所
  • などが挙げられます。

    交通事故の発生原因

    交通事故の発生原因には様々なものが考えられます。たとえば路面状態です。
    雨や雪が降っていて路面が濡れていたり、積雪があったりすると、
    運転はどうしても乱れがちになってしまいます。
    それから歩行者や自転車、自動車の数が多い路面ですと、
    やはり事故を起こしてしまう可能性は高くなりがちです。
    また見通しが悪い夕暮れ時や夜間には、事故は発生しやすくなります。
    それからドライバーの不注意も、大きな原因のひとつです。
    慣れと言うのはとても恐ろしいもので、普段、利用している道だから、
    あるいは普段、運転している自動車だからと言う理由で、
    運転の際の安全確認がおろそかになっている人は多いかもしれません。
    ただ、交通事故を防ぐためには安全確認が必要なのは言うまでもないことです。
    路面状況の悪化や混雑、時間帯による交通事故発生リスクも、
    安全確認をしっかりと行うことで軽減させることは十分に可能です。
    安全確認の方法としては、交差点や見通しの悪い場所を通る際には、
    必ずいったん停止をして左右を確認することが求められます。
    右良し左良し、と声に出して指さし確認を行うと、しっかりと確認することができます。
    それから右折時には対向車を確認するのは勿論のこと、
    バイクや自転車、歩行者などの巻き込みを防ぐための確認も必要なことです。
    そして安全確認が必要なのはドライバーだけではありません。
    歩行者や自転車の人も自分で危険を察知して、それを回避することが必要です。
    そのためには安全確認が必要です。

    名古屋で交通事故にあったら

    事故は防ごうと思っていても、突然後方から追突されたり、避けられないこともあります。現実は突然事故に出会うかもしれません。
    もし事故にあって怪我をした時は交通事故 弁護士 名古屋のような名古屋の交通事故を得意とする弁護士に相談して、依頼をするのがオススメです。
    事故はあまり知られていないのですが、弁護士に頼むと賠償金が大きく上がることが多いようです。